会社設立


起業するということは昔に比べて高いハードルではなくなりましたが、それは主に金銭面においてであり法的手続きは依然として難しいままです。もちろん自分で会社設立の手続きすることは可能ですが代行してもらう社長さんが多いです。なぜならば法的手続きは誰でもできますが、社長になって事業の行く末をマクロの視点で大局を見ていくことは社長であるあなたにしかできないことです。自分にしかできないことに集中することも大切なことです。

会社設立の支援サービスは会計事務所や法律事務所が提供していますが、多くの起業家が会計事務所に依頼しています。それは会社設立後も確定申告などで税理士が必要になるからです。会計事務所に会社設立を依頼し、その後も税理士として付き合いを続ける社長が多いのです。

個人事業主から起業した場合、余分なことに経費を使いたくないという思いから自分で税務をする社長も多いですが、税務・財務は第三者機関がチェックすることで幅広い視点から事業を見つめ必要ならば改善をすることができます。最近会計事務所の会社設立相談で多いのは本来は法人化する必要がないのに世の流行りにのせられて法人化してしまい財務的に困窮することです。会計事務所はそのような事態になってから対処することもしていますが、できるならばそうならないように設立時から会計事務所に事業内容・規模を確認してもらうことがとても大切なのです。

このサイトでは会社を設立しようと思ったときに会計事務所に相談するメリットをまとめてみました。誰かに頼ることができるということは企業家にとって大切な素質のひとつでもあるのです。