会計の設立を支援する


会社を設立するために商号を考えたり定款を作成することは誰でもできます。今はインターネットで定款の作成方法などを検索できるので会社設立の手続きはとても簡単なものと思われています。しかしただ会社を作るのではなく、すぐに倒産したりしない強い会社を作らなくてはいけません。せっかく始めた事業がすぐに傾いてしまうのは、資金繰り・雇用問題・会社の書類や入出金フォローなどの経理問題をきちんとまとめきれていないからです。

会計事務所に相談すると”会社を設立する”という目先の問題だけでなく、会社を経営するための資金繰り・雇用・経理課題を含めた問題・課題を解決してくれます。問題が解決して初めて会社設立の手続きが始まるので、会社設立してすぐに問題に直面するという事態は回避できます。

会社にとって大切なことは体力です。仕事が減って収入が減ったときに事業を維持できる資金力、逆に仕事が増えて人手が足りないときに人員を増やせる雇用力です。雇用は働きたいという人がいるだけではだめで、税金や保険料等雇うための資金を得ることができるかということが大切です。つまり会社を維持する力は資金にかかっています。会計事務所では会社設立時の資金調達の相談をすることができます。資金繰りは金銭が苦しくなってからは難しいので設立時の資金調達がとても大切です。

また定款はネット検索して自分で作ることもできるのですが、会社運営に適した定款になっていないと後々情報を変更するときに費用がひつようになります。未熟な定款はあとでトラブルになることが多いので、専門家に相談しておくことが後々のリスクを回避することにつながります。会社は作るだけでなく、運営していくことがとても大切なのです。